Macの空き容量を増やす方法

Teddy Harris, 2021年4月7日

私のMacは使い始めて1年立ちますが、主な用途は写真やビデオの編集です。最近は常に「ディスクがほとんど一杯です」という通知が表示されます。

私と同じ悩みを抱えている方は、この記事をぜひ読んでみてください

1. BuhoCleanerを使用して、ディスク領域を自動クリーンアップします

私たちは皆、最も簡単な方法でディスクをクリーンアップすることを望んでいます。

BuhoCleanerはワンクリックでディスク内のmacOSシステムの一時ファイルやユーザーキャッシュ等の不要なファイルを削除できる機能を備えています。を削除できる機能を備えています。

  1. [スキャン]ボタンをクリックすると、ディスク全体のスキャンが実行されます。スキャンが完了すると、検出した不要なファイルを表示します。BuhoCleaner Flash Clean
  2. 検出した不要なファイルを一括削除する場合は、[削除]ボタンをクリックします。Clean up the scanned junk
  3. さらに、削除する内容を自分で決めたい場合は、[詳細を確認]ボタンをクリックして、削除対象のファイルを選択できます。Customize junks of the cleanup

上記の手順を使用すると、多くの空きディスク領域を解放できます。ご覧のとおり、BuhoCleanerの操作は非常にシンプルで安全です。

BuhoCleanerに興味がありますか? 今すぐ入手!

2. Macに付属のクリーンアップ機能を使用します

フリーソフトウェアが必要な場合は、macOSに付属のクリーンアップ機能を使用することもできます。

Cleanup function that comes with macOS

詳細な使用方法を知りたい場合は こちらをタップ

3. ディスク領域を手動でクリーンアップする

パソコン操作に慣れている方は、手動でディスクをクリーンアップすることもできます。

ターゲットディレクトリは以下の通りです。

  • ~/Library/Caches
  • /var/log
  • /Library/Logs
  • /Library/Logs/DiagnosticReports
  • ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData
  • ~/Library/Developer/Xcode/Archives
  • ~/Library/Developer/Xcode/iOS DeviceSupport
  • ~/Library/Developer/CoreSimulator
  • ~/Library/Caches/com.apple.dt.Xcode
  • ~/Library/Application Support/MobileSync/Backup

上記のディレクトリに移動して、内部のファイルを手動で削除できます。

ただし、誤操作により重要なシステムファイルが削除される可能性が非常に高いため、手動で削除することはお勧めしません。

Macの動作をスムーズにし、パフォーマンスを向上させる速くて簡単な「BuhoCleaner」をぜひお試しください!