Macのストレージの空き容量を確認する方法

Edward Briggs, 2021年4月27日

テラバイトのフラッシュ・ドライブとクラウド・ストレージの時代にあって、ストレージスペースには限りがあることを忘れがちです。とはいえ、ソフトウェアがより洗練され、必須のアプリがより豊富になるにつれて、1TBのSSDをすぐに使いこなせるようになります。

もちろん、理論的には、Macのハードドライブがいっぱいになったらアップグレードすればいいのですが、2TBのiMac SSDで約800ドル、4TBのSSDで2800ドルという価格は、どちらの選択肢も決して手頃ではありません。さらに、ハードドライブから取得するファイルのためのスペースだけでなく、パフォーマンスにも直接影響します。

パフォーマンスを最適化するには、Macのハードドライブの空き容量を継続的に監視して、次回の大容量ダウンロードのための空き容量が常にあることを確認する必要があります。お使いのMacでストレージを見つけて、より効率的に使用する方法を学ぶために読み続けてください。

Macのハードドライブ容量を確認する最も簡単な方法は、 「このMacについて」 ページでご覧ください。

  1. Appleアイコンをクリックして、「このMacについて」を選択します。
  2. 「ストレージ」をクリックします。Finder Search Large Flies

注:古いバージョンのOS Xを実行している場合は、「詳細情報]」をクリックして「ストレージ」オプションを探す必要があります。

「ストレージ」タブには、システム、ドキュメント、アプリなどが使用している容量が表示されます。 使用可能なスペースも表示されます。

ハードドライブがいっぱいになったらどうしますか?

Macのハードドライブの容量が限界に近づいている場合は、スペースを解放するように「お使いの起動ディスクはほとんど一杯です。」警告メッセージが表示されます。

この警告が表示された場合は、それに基づいて対処することをお勧めします。起動ディスクの容量を解放するには、次の3つの操作のいずれかまたはすべてを実行する必要があります。

  • ファイルを削除します
  • ファイルをクラウドストレージまたは外付けハードドライブに移動します
  • 2台目のハードドライブをインストールするか、より大きな起動ディスクを追加します

macOS Sierra以降を実行している場合は、組み込みツールを使用してストレージを最適化することで、ある程度の空き容量を確保できます。これを行うには、アップルメニューから 「このMacについて」 を選択します。ここで、「ストレージ」タブに移動し、「管理」をクリックします。

表示される画面に、空き領域の再利用に関するヒントを確認できます。Macでストレージを管理する方法は次のとおりです。

Finder Search Large Flies
  1. 「iCloudに保存」 をクリックします。iCloudに転送するデータを選択して確認します。
  2. 「最適化」 をクリックして、映画やテレビ番組を削除します。
  3. 「ゴミ箱を自動的に空にする」にオンにします。
  4. 「不要なファイルを削除」をクリックして、すべてのドキュメントを確認します。

これは迅速かつ簡単にスペースを解放する方法ですが、理想的ではありません。ご覧の通り、ファイルをiCloudに移動すると、ジャンクファイルや役に立たないファイルも移動します。つまり、iCloudストレージをより早く最大限に活用し、最終的にはより多くの費用を支払う必要があることを意味します。このため、BuhoCleanerを使用してジャンクファイルを検出し、システムから完全に削除することをお勧めします。

最初から古い大きなファイルを削除する

新しいMacを購入した後、役に立つと思い大量のアプリやファイルをダウンロードしがちですが、こちらのアイテムは時間の経過とともに使用頻度が落ちていき、ハードドライブの空き容量不足を招く最大の要因になってしまいます。BuhoCleanerなら、ハードドライブをまんべんなく走査して不要になったアプリやファイルを見つけ出し、ワンクリックで削除出来ます。

「大容量ファイル」機能を使用すると、Macをすばやくクリアできます。

  1. BuhoCleaner をダウンロードします。 (無料トライアルが利用可能です)
  2. アプリをインストールして起動します。
  3. 「大容量ファイル」をクリックします。
  4. 「スキャン」ボタンをクリックします。
Finder Search Large Flies

次に、BuhoCleanerが検出した古いファイルを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

Macのハードディスクの空き容量を手動で解放する方法?

ファイルを手動で削除するのは簡単ですが、時間がかかる場合もあります。一番よい方法は、不要になった古いドキュメント、ダウンロード、音楽、アプリケーションを見つけて、ゴミ箱にドラッグすることです。

上記を操作するとき、ゴミ箱を空にすることが忘れないでください。そうしないと、ファイルがそこに置かれ、スペースがまったく解放されません。

  1. Dockの「ゴミ箱」を右クリックします。
  2. 「ゴミ箱を空にする」を選択して確認します。

また、 「Finder」 を使用して、古いiTunesライブラリのバックアップ、iOSのバックアップとアップデートを削除したり、キャッシュされたファイルをクリアしたりすることもできます。

  1. Finderウィンドウを開き、メニューバーの「Go」を選択します。
  2. 「フォルダに移動」をクリックして、次のいずれかのコマンドを入力します。
    • -キャッシュ ~/Library/CachesFinder Search Large Flies
    • -iTunesライブラリのバックアップ: ~/Music/iTunes/Previous iTunes Libraries
    • -iOSバックアップ: ~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/
    • -iOSソフトウェアアップデートiPad: ~/Library/iTunes/iPad Software Updates
    • -iOSソフトウェアアップデートiPhone: ~/Library/iTunes/iPhone Software Updates
  3. 各フォルダを参照し、不要になったファイルを削除します。

前述のように、ファイルを手動でクリアするのは簡単ですが、かなり大きな注意点があります。ファイルの残骸 (ハードドライブのスペースを占有する以外には何の目的もないファイル) が残ります。Macでは削除したいファイルを完全に削除することができないため、ファイルの削除には最善を尽くしています。

それで、BuhoCleanerが役に立つことができます。

BuhoCleanerでMacのハードドライブスペースを解放する

BuhoCleanerは、古いファイル、期限切れたファイル、壊れたファイルを探してシステムから完全に削除します。これは、一度に多くのスペースを解放するための最も迅速で簡単な方法です。

急いでディスク容量を最適化する必要がある場合は、BuhoCleanerをダウンロードし、システムジャンクをクリーンアップするオプションを選択してください。 これにより、古いキャッシュファイルやログ、壊れたアプリデータ、過剰なバージョンのドキュメントが数回クリックするだけで削除されます。

  1. BuhoCleanerをダウンロードして起動します。
  2. メニューから「クイックスキャン」を選択します。
  3. 「スキャン」をクリックします。
  4. 「削除」をクリックします。
Finder Search Large Flies

フルディスクは、すべてのMacユーザーがある時点で経験するものです。幸いに、Mac独自の最適化機能、手動で行う場合はFinder、あるいはより全面的なソリューションーBuhoCleanerを利用して、スペースを簡単に再利用できます。年に数回ハードドライブをクリーンアップする必要がある可能性があるため、BuhoCleanerをお勧めします。もちろん、それに対して偏見をもっていますが、様々な方法を試して、自分に最適な方法を選びましょう。

Macのいい状態を守れ!

お使いのMacで、何がスペースを取りすぎているのかを正確に把握できたと思います。今後、ストレージが乱雑にならないようにするためのヒントをいくつか紹介します。

  • 古いファイルをクリアする

    ストレージをより効率的に使用するには、定期的にMacを整理する必要があります。Macに不要なアプリケーション、ドキュメント、写真、メディアを削除します。データをハードドライブに転送するか、クラウドに保存します。完璧に整理されたストレージは生産性も向上させます。これは、スペースを整頓するもう1つのメリットです。

  • アプリを完全に削除する

    「完全に」 とは、アプリに関連するすべてのファイルと一緒にという意味です。アプリをゴミ箱にドラッグすると、そのデータがシステムに残る可能性があります。そのため、ネイティブのアンインストーラやBuhoCleanerのような特別なツールを使ってアプリを削除してください。

  • ゴミ箱を空にする

    簡単なアドバイスですが、ユーザーが忘れられがちです。 破棄されたファイルは、膨大な量のスペースを占める可能性があります。Mac上のファイルを削除した後は、必ずゴミ箱を空にしてください。

  • ソフトウェアのアップデート

    Macの動作が遅すぎると、容量不足だと思うかもしれません。しかし、古くなったソフトウェアも同じ症状を引き起こす可能性があります。アップデートには、多くの場合、アプリとMacの実行方法にプラスの影響を与える可能性のあるバグ修正と改善が含まれています。 OSとアプリの両方を最新バージョンに更新すると、マシンのスムーズなパフォーマンスが保証されます。